Part2 新たなる激痛編(再発編)

第5話

湯船
(激痛度レベルA)
足を上げるのも苦だが、最後の一踏ん張りでお風呂へ足をいれた。

あったけぇ

と、一瞬だったけど心がやすらいだ.
そして
湯船に体を沈め、腰を温める事に専念をした。
しばらくすると、少しだけみが和らいだかなぁ?(思いこみ)
ずっと入っていれば、みは引くかなぁ?(希望的観測)
そんな甘い期待をこめて、じっと体を動かさずにお風呂に入っていた。
しかし・・・
現実は、そんなに甘かなかった。
どれだけお風呂に入っていようが、体をちょっとでも動かそうものなら

でぇぇぇぇ!!!!!!!

お風呂に入ったからと言って、なかなかみは引かなかった。

諦めたくなかった。
もっと入っていれば。
もっともっと、長い時間入っていれば、なにかみの変化が現れるんではと
希望をもって・・・

しかし



は、治まらなかった。





前へ 次へ 戻る





(C)2007 ドンタコスとゆかいな仲間たち