Part2 新たなる激痛編(再発編)

第3話

異変
(激痛度レベルA)
周りも、はっし〜の異変に気づいたようだ。
「はっし〜さん、どうしました!?」
い・・・
「どうしました!?」
い・・・
苦悶の表情を浮かべるはっし〜に、が走りまくっている。


それは、ヘルニアになったかもしれないことを告げただった。


今日は12/31の大晦日。
夕刻。
近所の病院は診察をしている時間では無い.
しかも
病院に行きたくても、いけない状態のはっし〜。
どうすれば良いのか、どうしたら良いのか考えがまとまらない.
頭の中を

どうしよう   

どうしよう   

どうしよう   

と、堂々巡り。しかし、病院に行かないと、このは治まらないだろう・・・
そして、このみだと、自己診断では即入院の
過去の嫌な思い出が、頭をよぎっていた。

回想シーン始まり。
ーーーーーーーーーーーーー

うぎゃぁーーーーーーーーー
てぇぇ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
やめてくれぇぇぇ!!!!!!!!!!!!!!!


ーーーーーーーーーーーーー
回想シーン終わり

病院へ行かなければ何も始まらない。
しかし・・・・

ここは、知人宅。

保険証が手元にない・・・・




前へ 次へ 戻る





(C)2007 ドンタコスとゆかいな仲間たち