Part2 新たなる激痛編(再発編)

第2話

激痛
(激痛度レベル いきなりA)
足を少しでも動かすと、たとえようの無いが足の神経を刺激していた。
忘れもしなし、7年前に味わった、あの
頭の中を、あの闘病生活がよぎる。
信じたく無い。

しばし、硬直の後、これはじっとしていればすぐにでも治るんではないかと
これまた、勝手に自分に言い聞かせた。
桃鉄をやりながら、自分に言い聞かせ続けて(気のせいだと・・・)
しかし、みの引く気配は無い。
一緒に桃鉄をやっている人になんて言おうか。
ここで桃鉄を中断すべきか。
しかし・・・桃鉄は面白い・・・
が,悩むまでも無く、すぐに限界点を突破していた。


そして、心の中の言葉が止まらなかった。

い い い い い い い い い い い い い い 
い い い い い い い い い い い い い い 
い い い い い い い い い い い い い い 
い い い い い い い い い い い い い い 
い い い い い い い い い い い い い い 
い い い い い い い い い い い い い い 
い い い い い い い い い い い い い い 
い い い い い い い い い い い い い い 
い い い い い い い い い い い い い い 
い い い い い い い い い い い い い い 
い い い い い い い い い い い い い い 
い い い い い い い い い い い い い い 
い い い い い い い い い い い い い い 
い い い い い い い い い い い い い い 
い い い い い い い い い い い い い い 
い い い い い い い い い い い い い い 
い い い い い い い い い い い い い い 
い い い い い い い い い い い い い い 

いーーーーーー!!!!


あまりのみに、耐え切れなくなっていた自分。
その場にうずくまり、身動きが取れない自分。
言葉にならないみが、脳天を直撃する。
どう抗おうと、このみが、この時点で消え去ることは無かった。





前へ 次へ 戻る





(C)2007 ドンタコスとゆかいな仲間たち