投稿レポート785
投稿No.785  投稿者/にゃん  2005/02/06

おにぎり … 当日

それは私が小学校高学年の時。姉は中学生でした。

当時父は単身赴任。母は早くからパートに出ていて、長期の休みともなると
朝から晩まで姉と二人、野放し状態でした。当然昼過ぎまでグータラ寝て過ごしていました。

夏休みも半ばにさしかかった頃。その日も母は早くに出勤していて、私たちは昼過ぎにのこのこ
起きてTVを見ながら、母の作ってくれたおにぎりにパクつきました。
母は必ず家を出る前に、私たちの昼食を用意していてくれていたのです。
…真夏です。しかも当時はクーラーなんてありません。家の中とはいえ、かなりの高温です。

おにぎりをひと噛みした瞬間、なんともいえない匂いと食感が…!!

まず匂いはすえたような変な匂いです。
食感はニチャッとしてて、気のせいか糸を引いているような…?
しかし今まで母の作った物にあたった事などなかったので、絶対的な信頼のもと
姉と二人「まあ夏だしね〜」などと笑いながら、匂いを醤油でごまかし食べました。

食後、私は居間のソファーに転がってTVを見ていて、姉は子供部屋で本を読んで
いました。…30分くらいたった頃でしょうか。
突然バーン!というものすごい音とともに姉が部屋から飛び出し、トイレへ猛ダッシュ。
そしてゲーゲーと苦しそうに吐いている…!!
驚いた私は「ど、どうしたの?大丈…うぐッ!?」
唐突に胃がひっくり返らんばかりの猛烈な吐き気が…!!
姉と入れ替わるようにトイレに駆け込み、思い切りリバース。
そこにはほとんど消化されていない米粒が…。
「あのおにぎりだ…!」直感的に悟った私は、常備薬の正露丸を即刻胃の中へ。
そして「早く!お姉ちゃんもこれ…!」と差し出すも、姉は大の薬嫌い(特に匂いのキツイのは
まったくダメ)だったため、「いい…寝てれば治るから…」と断固拒否。

その後姉妹そろって寝込んだのですが、私は夜には復活。
最後まで薬を拒否し続けた姉は、丸二日間部屋とトイレを往復していました。
(ようやくマトモに食事ができるようになったのは三日過ぎてから)

天下の正露丸の効き目を再確認するとともに、真夏の食中毒の恐ろしさを痛感しました。
たとえ当日に作られたものでも、あなどれませんね、おにぎり…。

おぇ〜ランキングに投票!
2018年の投票数
この投稿につぶやく...
※当サイトの注意点※ 決して真似しないで下さい。また、参考にもしないで下さい。このサイトを読んでも役に立つことはありません。暇つぶしにどうぞ。