投稿レポート1760
投稿No.1760  投稿者/えりぃ  2015/08/03

生牡蠣 と 鴨ナベ と エビフライ と 縄とび大会

あれは2月、某小学校慰労会での出来事。

教員たちはしきりに
「おお、生牡蠣の季節だね。こうやって、レモン汁をかけて・・・」

「噛まずに呑み込むのが通なのよ」などといっては勧めてくるが

生まれて初めて食した生牡蠣は特段美味とも思えなかったため
1個だけ食べて、主にエビフライと油ギトギトの鴨鍋を食べて過ごした。

その夜、とてつもない吐き気と防ぎようのない下痢が襲いかかり、
生まれて初めて布団で失禁した。
朝までには体中の全ての水分が抜けたのであろうか、一晩で3kgやせた。

あろうことか、今日は小学校で「なわとび大会」があり、私には大縄を回し、カウントする大役が課されていた。
「防ぎようのない洪水」がいつやってくるかもしれない恐怖におののきながら。
しかし、子どもたちは1回のカウントミスも許さないし、この上ない緊張感である。

刹那の休憩時間のたびに確実にトイレへ駆け込むが、
意識は次第に朦朧とする・・・・。
いったい何の罰ゲームなのだろうか。

長く辛い 拷問のようななわとび大会は終了した。

(先生、白目向いて縄回していましたね。もしかして、先生も・・・・。)
不意に同僚が意味深に耳打ちしてきた。

(夕べから尋常じゃないほど吐き気と下痢がひどくて、実は・・・・)
なんと、このカミングアウトを皮切りに職員室中で
「俺も!」「私も・・・」と、実に、昨日生牡蠣を食べた9割の先生が
毒牙にかかっていたことが判明した。

余談であるが、最年長である(来年定年退職の)校長だけはピンピンしていたことに驚愕した。


・・・・あれから、四半世紀。私は決して牡蠣を食さず、つつがなく生きています。


おぇ〜ランキングに投票!
2018年の投票数
※当サイトの注意点※ 決して真似しないで下さい。また、参考にもしないで下さい。このサイトを読んでも役に立つことはありません。暇つぶしにどうぞ。