試食レポート24
試食No.24  投稿者/N村  2000/10/05

米 … 経過期間不明

今回はおそらく、賞味期限は切れてないと思われるお米で、かれこれ1年以上前に買ったものです。
はて、久々に自炊しようとして、計量カップで米を量っていた時の事です。
米を量り終えた計量カップに小さな茶色の点がポツポツとついているのが見えました。
まあ、細かいカスのようなものなので気にする必要もないので無視しようと思ったのですが、なんだか、その茶色い点がチマチマと動いているように見えたのです。
おや、気のせいか、と思いつつ目を凝らして見つめてみると、点の正体はなんと小さなムシだったのです。
大きいものでも0.5ミリあるかどうかというサイズのムシが計量カップの端に10匹前後、行き場を無くしたようにフラフラと歩いていました。
ひょっとしてと思って計量カップの底を覗くと、いるわいるわ30匹ほどの小さな茶色い点がうごめいていました。
しかし、所詮ムシ。しかも、サイズも気にしなければ気にならないので、何事もなかったかのようにご飯を炊く事にしました。
米のとぎ汁を捨てる時に、白くなった水に紛れて大量の小さな点、100や200は軽く越える数のムシが流れていきました。
まるでネコを風呂に入れたら、どえらい数のノミが湯船に浮いた時の状態に似ています。
ムシたちの助けて〜という悲鳴が聞こえてきそうで、ちょっとサディスティックな喜びに身を委ねながら、米をといでいました。
ムシはご飯を炊く時の熱によって全滅したと信じて、炊き立てのご飯を食べました。
危険度:レベルC+

おぇ〜ランキングに投票!
2019年の投票数
※当サイトの注意点※ 決して真似しないで下さい。また、参考にもしないで下さい。このサイトを読んでも役に立つことはありません。暇つぶしにどうぞ。