スマホサイトに切り替える

3D、四ヶ月もの/投稿者:蘭らりあ


おぇ〜な食事体験談投稿サイト「食中毒への道」へようこそ☆驚愕のレポート1874本が読み放題!
はじめにお読み下さい
今週のおぇ〜ランキング
先週のおぇ〜ランキング
年間おぇ〜ランキング2018
おまかせ表示
新着レポート
過去の体験談を投稿する
レポート検索
 
没投稿の墓場

農産品類
野菜

パン
農産加工品・果物
豆類
水産品類
魚・タコ・イカ
エビ・カニ・ウニ
カキ
その他貝
水産加工品・魚卵
畜産品類
牛肉
豚肉・鳥肉

乳製品
畜産加工品、他
調理食品
パスタ
麺類
鍋物、焼物
カレー
郷土料理、御当地メニュー
その他調理品
飲料類
茶・紅茶
コーヒー

ジュース
牛乳
乳飲料

その他飲料
菓子類
洋菓子、つまみ
和菓子
調味料
油脂、調味料類
添加物
ゴキブリ
アリ
ハエ
イモ虫・毛虫
カメ虫

その他虫
食品以外、他
ゲテモノ
薬品
煙草
無機物、毒物
雑談
癒し系、人情系
毒魚
ペットフード
ヒトから出た○○
その他おぇ〜投稿
特別投稿
G.P.S.

TOP>レポート別>投稿レポート1582


 No.1582  投稿者/蘭らりあ   2011/06/23

  3D、四ヶ月もの

   あれは私が高校生だったある日のこと。……いや今も高校生だ、すまん嘘ついた。なんか格好良く文を始めてみたかったんだ。約束しよう、これからは真実のみ話す。
 まあ聞け、これは昨日のこと。
 私は思っていた。
『何か危険なものは無いか」
 平和すぎる日常の中で、退屈ゆえの思考である。
 そうしてそんな時に私の隣で言ったのは友人のS氏。
「あははこれマジ表紙詐欺じゃん」
 何だそれは新手の詐欺か?
 私は彼女が手にした物体を見た。
『驚異の人体実験、食中毒への道」
 これは。
 私の夢を実現させるのにぴったりではないか!
 私はこの運命の出会いに感動し、図書室から借りたという友人S氏からまた借りし、嬉々としてバスに乗り込んだ。すばらしく気分が高揚していた。こんな書物は生まれてはじめてみた。まさに私の求めていた新鮮さがそこにはあった。
 もっとも、その書物の中身は新鮮からは程遠い、虫やらカビやらが充満していたが、私をうならせるには十分だ。私はバスの中でそれ(世界一新鮮な書物、略してSSS、さらに略して3S)を楽しんだ。
 途中、まるで発作か何かのように笑いが込みあげるのもしばしばで、バスの乗客からの白い視線が突き刺さり、さすが世界一新鮮な書物、略してSSS、さらに略して(以下略)だと感じた。
 そうして、しばらく。
 ――――うう。
 なんかきもてぃわるい。
 あれか?危険な実験?これを読もうとしたのがそもそも、危険なのではないか?なんだこの危険な書物?もうお前なんか、世界一危険な書物、略してSKSに改名してしまえばいい。なんかきもてぃわるいし。くそ。
 私はバスを降りた。
「うううきもてぃわるい」
 きもてぃわるいのがすっとなくなった。
「ううう……?」
 あれ……?
 あれれ……?
 え……?

 なんか、ただのバス酔いだったようだ。

 じゃあ危険なもの食してないぢゃん私!?
 ……ここまで読んでくれた皆様、まことに申し訳ない。
 べつに私はなにも変なものは食っていなかった。
 当然だが、あのあとも体に異変は無い。

 それにしても、あんな本を置いておく高校の図書室って……。
 いやまあおもしろかったけどさ。
おぇ〜ランキングに投票!
2018年の投票数

過去の体験談を投稿する

関連食材食品以外、他 > その他おぇ〜投稿  
このレポートへの固定リンク


このページのTOPへ

戻る

TOP>レポート別>投稿レポート1582


1999-(C) ドンタコスとゆかいな仲間たち