スマフォサイトに切り替える

バレンタインの贈り物/投稿者:三日月


おぇ〜な食事体験談投稿サイト「食中毒への道」へようこそ☆驚愕のレポート1873本が読み放題!
はじめにお読み下さい
今週のおぇ〜ランキング
先週のおぇ〜ランキング
年間おぇ〜ランキング2016
おまかせ表示
新着レポート
過去の体験談を投稿する
レポート検索
 
没投稿の墓場

農産品類
野菜

パン
農産加工品・果物
豆類
水産品類
魚・タコ・イカ
エビ・カニ・ウニ
カキ
その他貝
水産加工品・魚卵
畜産品類
牛肉
豚肉・鳥肉

乳製品
畜産加工品、他
調理食品
パスタ
麺類
鍋物、焼物
カレー
郷土料理、御当地メニュー
その他調理品
飲料類
茶・紅茶
コーヒー

ジュース
牛乳
乳飲料

その他飲料
菓子類
洋菓子、つまみ
和菓子
調味料
油脂、調味料類
添加物
ゴキブリ
アリ
ハエ
イモ虫・毛虫
カメ虫

その他虫
食品以外、他
ゲテモノ
薬品
煙草
無機物、毒物
雑談
癒し系、人情系
毒魚
ペットフード
ヒトから出た○○
その他おぇ〜投稿
特別投稿
G.P.S.

TOP>レポート別>投稿レポート1571


 No.1571  投稿者/三日月   2011/05/15

  バレンタインの贈り物

  私の勤めている会社では、バレンタインに三つチョコレートをもらえます。

内訳は
社長の嫁さん
若社長の嫁さん
事務員のオバチャン

これも数年前の話し。
問題のブツは若社長の奥さんにもらった物だったと記憶しています。

ウチは爺さんも同じ会社に勤めていて都合6個もらえるんですが、
爺さんは軽度の糖尿を患っているので、いわゆるフツーのチョコレートは食ってはいけないことになってます。

「どーすんソレ」
じいさん「家においときゃS(従弟)が食おうがな」
「ま、それもそうか」

甘党で辛党な私は帰宅後その日のうちに1袋を開けて完食、残りは後日に回すことにしました。

翌日、仕事から家に帰って夕食時に祖母が話しかけてきました。
ばーさん「あのアホみたいに酸っぱいチョコレートなんや」
「は?」
酸っぱいチョコレート……。そんなものは無かったように思ったのだが……。
「どれ食ったん?」
ばーさん「コレ」
色とりどりの数個の塊。そのうち1個にはかじったあとがありました。
若社長の奥さんにもらったブツです。
「なんじゃろね」
 商品のタグを見てみるとそこには予想だにしない文字がかかれていました。

『入浴剤』

「ばーさんこれ入浴剤って書いてあるぞ」
「はぁ!? 入浴剤!?」

そうです、祖母はチョコレートと間違えて入浴剤を食っていたのです。
おそらく、糖尿の祖父や甘いものが苦手な人の事を考えて入浴剤にしてくれていたのでしょう。

ちなみに祖母が腹を壊したという話しはきいていません。

教訓:バレンタインにもらったからといってチョコレートとは限らない。
twitterでつぶやこう!
おぇ〜ランキングに投票!
2016年の投票数

過去の体験談を投稿する

関連食材菓子類 > 洋菓子、つまみ   食品以外、他 > 無機物、毒物  
このレポートへの固定リンク


このページのTOPへ
 食中毒への道は、RaspberryPiのWebサーバが提供しております。

戻る

TOP>レポート別>投稿レポート1571


1999-(C) ドンタコスとゆかいな仲間たち