一覧

最終話 天使の鍼灸師13

人間、お金が手に入ると
やっぱりなかなか辞めるのには勇気がいるもので

すぐに辞めてやる!と思っていたはずが
なんだかズルズルと居ついてしまった。

でも辞めるかな…と思うのは突然やってくる
そう。スポーツ選手が

「そろそろ潮時かも」って思う感じで。

それは突然、本当に前置きもなくやってきた。

あたしが担当になった30分クイックマッサージ
いつもなら、別にどうってことない
腹側、背中側と15分ずつやればいいんだから
しかし、その日はいつもと違っていた。

もともとあたしは霊感が強いというか
気とか派動とかで振り回される時があって
(人ごみとかいろいろな気があるところにいると具合が悪くなる)
合わないと思うとその回りの空気がグルグルと
左回転で回る感じを受けることがある
(今はなくなったけど)

しかし、仕事なので
そんなこと言っても始まらないしってことで
いつも通り始めた。

しかし、やっぱり
揉んではいるんだけど
変な感触を受ける。

5分

10分

がんばってみたけど

15分…情けないけど
どうにもこうにもガマンならなくて
他のスタッフにチェンジしてもらった。

この事件があってから
「あたしはこの仕事に向いてない」と自分で理解し
ここの仕事を辞めた。

それから1月もしないうちに
そこのサロン自体が閉店することになったとのことで
今は跡形もありません。

この事がトラウマになっちゃって
今でも人を揉んでみようとは思わないんです。
(特に仕事として収入を得ることとしては)

そんなことが理由で整体を捨てたあたしです。

でも、揉んで欲しいとか言われることもあるし
腕や体型をみて

「揉むのうまそうだよね」とか
言われると…

需要があるなら…とか思うこともあるけどね。
まだ本気でやってみようとは思っていません。






その後3 天使の鍼灸師12

何だ〜?そりゃないよ!!(怒)

出勤して受付カウンターを見たら
従業員連絡ノートに紙切れが1枚はりつけてあった。
そこには


「お世話になりました。本日でやめさせていただきます。
給料は○○銀行××支店……に振込みお願いします」

とあった。
唖然。

あたしが休みの日を狙って
突然やめてしまった先生。
理由もわからず、オロオロするあたしに
風の便りで流れたうわさが

「最初から辞めるつもりで、後釜にあたしを入れた」
らしい。

だから、急いで回答を求め
さっさと有無を言わさずに働かせてしまったんだ。

そう気づくのに時間はかからなかった。

だけど、あわてても仕事は止まらない
仕方なくそのまま居座り仕事を続けていくことに

「こんなはずじゃなかったんだけどなぁ」
その後、仕事をやめるまでず〜っと思い続けるハメになりました。



その後2 天使の鍼灸師11

いきなり声をかけられ何だかわからないが…

「なんでしょうか?」
ちょっと引きつっていたかもしれない。

「せっかくアロマもやったし、元々整体ができるんでしょ?」

「ここで働いてみない?」

「。。。(どうしよう)」
なかなか返事が出ないあたしに
先生はなおも

「フルじゃなくていいから」
「できる時間だけ」
「あ、そうそう今日から少し働けないかなぁ」

ハイ
無理に押し切られるように
あたしのバイト生活は決定してしまった。

そこのサロンはアロマの利用者はあまりいなくて
やはりほとんどが
「マッサージ」希望

整体はいちおう得意分野ということで
ガンガン揉みまくる。

あたしは「足裏マッサージ」もできるので
店側としては結構重宝していたと思う。

そんな日々も数ヶ月すぎ…
バイトに出てみると

何〜〜〜!!!

ビックリした上に人間不信になるようなできごとが!!



その後 天使の鍼灸師10
いちおうここで整体学校編は終わっているんだけど

整体学校出てからどうしていたのかってことを書こう。

プラプラしてました。
人を揉むのがあまり好きでなかったあたし。
とりあえず卒業してみたが
主婦でもあるし、子供も小さかったので

自宅待機
の道を選ぶ。

しかし、自宅待機は暇なので
ボーっとしている時に目についた

アロマを学んでみませんか?

アロマ??
整体学校時代にアロマ専攻ってこともあって
ある程度の基礎知識はあると思っていた。
でも、また別の角度から学んでみるのもいいかなぁって
飛びついてしまった。
これが後々とんでもないことになるとも知らずに…

内容は基礎知識と実習というパターンで行う。
が…個人でやっているアロマスクールということで
先生と1対1、マンツーマンで学ぶハメになった。

「こりゃサボれないな」

そんなマジメさを買われドンドン勉強は進む。
気がついたら…

初級コースの講師
の資格が取れてた・・・

でもとりあえず、そこまでで
あたしのアロマ学習は打ち止めということで
終わろうとした。

その時…

ちょっとさぁ…

何何?悪魔のささやきですかぁ!?



天使の鍼灸師9 「それでも語るのはタダ!!」
それでも
「夢を語るのはタダ」と思い
勝手に話続ける私。
それにいろいろ意見をしてくれる知り合い。

中々いい関係じゃんと思った。
現実の話も聞いて、なかなかおいしい話じゃないこともわかった。
今後の業界の展開などを聞いていると
ますます足を突っ込んでみたくなる。

う〜ん…突っ込みたい突っ込めない
どうしよう。どうしよう。悩む。(悩んでもお金はできないゾ)

そんな頃、数年前から懇意にしていた知り合いが
「柔整学校」に進学した。
私が進学したいことを知ってか、ないしょで進学を決めたらしい。

くやしかった。受験に通ったことより
お金の準備ができたことがくやしかった。
何日も何日も泣いた。
泣いて泣いて、その人のそばから離れようと決めた
(そばにいても、くやしさやねたみだけが残ると思って)
いい柔整師になってね。と心の中で祈り続けた。

*ひとりごと*
あたし、ホントは柔整師になりたかった。
でも受験が難しそうだったし
結構学費かかるんです…
でも1番の理由は
「柔道」がイヤ
かもしれない(泣)
でもでもあたし、中学生の頃
クラブ…柔道だったのよね。
練習がイヤで給食の牛乳1リットル
流し込んでサボるってこともあったなぁ。




天使の鍼灸師8 やれやれ…
そんなことに時間とお金をついやした3年。
やっとと言うかついにと言うか
こんな私でも受け入れてくれる講習会を見つけた。

東洋医学系の講習会。
ハッキリ言うと、何やってるか全然知らない。
けど、何だかここならイケルかもという
勝手な思い込みで申し込んでしまった。(無謀)

初めはやはり風当たりは強かったけど
段々少しずつ話せる人が増えてきた。
そうこうしているうちに見えてきた
「鍼灸の業界」

ほほぉ…何かおもしろそうだな。
整体学校でツボなどの知識が多少あったから
余計にとっつきやすかったのかもしれない。

その頃の私は、話ができて聞いてくれる人がいるってだけで
本当に楽しかった。

そんな時間も1年ほど過ぎたころ
「私も鍼灸学校に行ってみたいな」と冗談半分で切り出したのが
始まり。
軽く流されていたんだけど、会うたびに少しずつ話をしていたら
(何で進学したいのかとか何をしたいのかとか)
段々と進学の情報が入るようになってきた。

そうなると、気合が入るのが人間ってもんで
何とかしたくなってきた。

何とか…する。か…時間とお金だよなぁ。あとは受験。
ふ〜ん……


〔ひとりごと〕
受験は何事も大変です。
勉強はしっかりしましょう。とりあえず一般常識はなくちゃいけません。
どの程度かっていうと…
学校にもよりますので、きちんと調査した方がいいですね。
私が調べた中での驚き一般常識は

「新聞が読める程度」

これは…何を意味してるのかな??



天使の鍼灸師 番外編 首は大切に
急に暖かくなったり
寒くなったり
この季節、体調を崩しやすくってイヤ。

先日聞いた話を1つ。
首の後ろ側(髪の生え際)に、東洋医学のツボで
風府、風池、首の下あたりに風門とか
「風」という漢字を使うツボがある。

その中の風門というツボ
風の門と書くくらいだから
病気の風邪はここから入ると言われてるらしい。

風邪なんて、普通に暮らしていると
どっから体に入るなんて考えないけど
昔の人はおもしろいことを考えるなぁって
思った。

だからってわけじゃないけど
先日、薄着で電車に座っていたら
急に冷房が入りだした。
ちょっと寒いなぁとは思ったけど
がまんし続けた。

私の髪はセミロングなので
首はむき出しになる確率は高い。
そこをガンガン冷やしたせいか
すぐに風邪をひけた。

体張って確認しちゃったし
やっぱり首は大切にしないと
いけないなぁって思いましたよ。

夏も暑いからって
扇風機やクーラーの風を首筋にあてるなんて
やめた方がいいね。





天使の鍼灸師7 やっぱり…無資格者??
「あなた職業は?」

「え〜と…整体師です」
「あら、そうなの」→すーっと離れていく

こういう講習会というものは、だいたい
「国家資格」をお持ちの方が基本ということになっているらしい。
(明確には謳ってないけど)
だから、別に私みたいなのが行っても構わないハズなんだけど

整体師と言うだけで仲間はずれにされてしまうっていうことを多く感じた。

初めのころは、それでも何とか技術の為、自分の為と
がんばっていたけれども
どこに行ってもそういう扱いを受けることに
段々気持ちが追いつかなくなってしまった。

「整体師はダメ?」じゃ、どうしよう。

答えは一つ。
「国家資格」を取るのみ。

はぁ。簡単に言うけど時間とお金が大変だと聞くし
その前に受験に通るかすらわかんないよな。
勉強したいのに、こんなことで外されるのも何だしな。

いつしか講習は、内容よりも進学への情報と
少しでも人脈を作るために通う状態になってしまっていました。

それでもやりがいを見つけた私は元気よく通い
しつこく入り込み、少しでも話ができるようにのみ力を入れていたように思える。


〔ひとりごと〕
整体とマッサージ 何が違う?良く思いませんか
一言で言えば資格の問題。
整体師はスクールに通いそこのスクールの認定書をもらうパターンが多い。
マッサージ師はあんま、指圧、マッサージの学校(厚生労働大臣認可)に
通い、国家試験に通った人に与えられる資格。

街中でマッサージと書いてある看板。
これは、ほとんど「整体師」さんがいらっしゃるところ。
厳密に言うとマッサージと表記するとマズイと聞いたんだけど
書いてあることが多いような気がします。

それと、資格者のマッサージはだいたい
はり、きゅうとセットで書いてあることが多いので
気をつけて看板を見てくださいね。

あ、それとビルの上の方の階で営業していて
看板にお姉ちゃんの姿が出ているようなマッサージ
これは…どうなんでしょ。
あまり近寄らない方がいいのかな??





天使の鍼灸師6 気の多いわ・た・し
卒業が決まるまでにも
学校以外での活動をいろいろしていました。

自己研鑚ってのが理由なんだけど
いろいろ手出ししてしまって何が何だかわからなくなってしまった。

一番に手を出したのが
「アロマテラピー」
学校の授業に組み込まれてたのが始まり。
もう少し、突っ込んでやってみたいなぁってさがしたら
近所のアロマサロンで募集してるじゃんって軽い気持ちで申し込んだ。

そのアロマというのが、今まで思っていたアロマを根底から覆しそうな
考えを持ったもので
「そんなのがあったんだぁ」と思ったのが正直な気持ちでした。
フランスではアロマは医療だってとこが始まりで
アロマオイルは薬として利用している。

ほほぉ…

ま、申し込んだし。やってみっか。
せっせと学び、実習しましたよ。
そして、基本と応用の講師の資格が取れてました。
何だかわからないうちに
アロマアドバイザーになっていた。んだなぁ。

他にもテーピング、ヒーリングなどいろいろ手出しをしたので
実際、私に何ができるか本人も良くわかっていません。
しかし、いろいろ顔出ししているうちに
私の心にひっかかる事態が多くなり
段々と気持ちが後ろ向きにならなければならなかった。


〔ひとりごと〕
私って虫の知らせというか
これってもしかして…って勘が働くときがある。
いいことに働くことも、変なことに働くことも…
もう少し、波がなくなれば
いろいろ便利に使えるのになぁって思う。

こう書いても
宝くじやギャンブルはまるっきりダメ。
いいとこ、カードゲームで欲しいのが当たることが
たまにあるくらいです。(金になんねぇ)

アロマテラピーってアロマセラピーって言うこともある。
私が習ったアロマはアロマセラピーって言う方だったけど
これは、言い方が違うだけで中は同じ。

私は癒すって感じがするのでセラピーが好きなんだけど
テラピーが正しくてセラピーが間違いなんてないから
どこかで見かけても「言い方間違ってる」
なんて言わないでくださいね。




天使の鍼灸師5 整体学校卒業だ〜い
さて、授業も学科と実技をこなしていくと
段々見えてくるのが

「卒業」ってことになります。

卒業試験は学科、整体、カイロ(使えねぇってのに)
学科はペーパーで東洋医学、漢方、西洋医学的なことの基本を問う問題。
後は、人体模型を使って筋肉の名前と筋肉の起始と停止を問う問題。
ってとこです。

学科は何とかやりきる自信はあったんだけど(出る問が販売されてる)
問題は実技。これはごまかしがきかないからね。

学科は問題なくこなし、整体の試験となる。
自分の技術のなさをカバーするために、モデルさんと口裏あわせ。

「効いてなくても効いてるふりしてね」「OK」
これがすべてです。

カイロは先に出題範囲が言い渡されているので
これも予習のしがいがある。
が、何パターンか言ってあって当日どの試験になるか
くじ引きとなる(泣)

そんなこんなで2日間にわたって繰り広げられる卒業試験。
これをすべてクリアーして晴れて卒業です。


〔ひとりごと〕
だいたい、こういう整体学校も乱立していて
じゃぁいったいどこへ行けばいいんだ!!
ってことになるんだけど…
私の経験から、見学に行ったら
一度そこに通っている生徒に話を聞いた方がいいです。
できれば、卒後の就業率とかもですね。
学校が言っているほど甘くはないです。この業界。
おいしくないです…
学費の元とるの大変です。



 TOP





ドンタコスとゆかいな仲間たち